投稿



10月21日の祈祷会

祈りで集う祈祷会   2020年 10月21日(水) 11:00/19:15印刷用PDF祈り会説教
祈り会の時間(11:00/19:15)に、祈りの内に共に集い、御言葉を聴きましょう。
沈 黙
祈 祷 憐れみ深い天の父、あなたの御名をほめたたえます。     主よ、わたしたちは今、共に、      それぞれの場にあって、あなたの御言葉に耳を傾けます。     主よ、どうぞお語りください。     主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン。
聖 書  ヨハネによる福音書 14:1-7                   1.聖書を読む。(可能ならば音読しましょう。) 2.御言葉を味わう。(沈黙のうちに御言葉を聴きましょう)。 3.御言葉の真理に耳を傾ける。   (以下の問いに導かれ、御言葉の真理へと向かいましょう。)
・「心を騒がせるな」(1節)とイエスは弟子たちに言われました。弟子たちは、何に心を騒がせていたのでしょう。先週読みました31節以下を振り返ってみましょう。 ・そのように心を騒がせていた弟子たちに、イエスが「神を信じなさい」と言われるだけでなく「わたしをも信じなさい」と言われました。それはなぜだと思いますか。この言葉があることによって何が違ってきますか。 ・これから後、イエスに起こることについて、また弟子たちに起こることについて、イエスはどのように語っておられますか(2節、3節)。イエスがなそうとしておられる事を告げる一つひとつの言葉をじっくり味わい、心に留めましょう。それは心を騒がせている弟子たちに、どのように響いたと思いますか。 ・4節において、イエスは「わたしがどこへ行くのかをあなたがたは知っている」と言われず、「わたしがどこへ行くのか、その道をあなたがたは知っている」と言われました。それはなぜだと思いますか。行先を知っているのと道を知っているのでは、どのような違いがありますか。
黙 想 トマスの問いに答えて、その「道」とはイエスご自身であることを主は明らかにされました。6節の言葉に耳を傾け、その御言葉がわたしにとって何を意味するかを思い巡らしましょう。「その道をあなたがたは知っている」と言われるイエスはわたしたちに何を望んでおられるのでしょうか。 祈 祷 イエスという道を通って父のもとに向かうわたしたちが、今日、どのように歩んだらよいのかを示されるよう祈りましょう。

執り成しの…

10月14日の祈祷会

祈りで集う祈祷会   2020年 10月14日(水) 11:00/19:15印刷用PDF祈り会説教
祈り会の時間(11:00/19:15)に、祈りの内に共に集い、御言葉を聴きましょう。
沈 黙
祈 祷 憐れみ深い天の父、あなたの御名をほめたたえます。     主よ、わたしたちは今、共に、      それぞれの場にあって、あなたの御言葉に耳を傾けます。     主よ、どうぞお語りください。     主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン。
聖 書  ヨハネによる福音書 13:31-38                   1.聖書を読む。(可能ならば音読しましょう。) 2.御言葉を味わう。(沈黙のうちに御言葉を聴きましょう)。 3.御言葉の真理に耳を傾ける。   (以下の問いに導かれ、御言葉の真理へと向かいましょう。)
【31-35節】 ・「今」(31節)とは、どのような時を指していますか。ユダが何のために出て行ったのか、これまでのことを振り返ってみましょう。 「今」イエスに起こっていることは、イエスが「栄光を受けた」ことに見えますか。その出来事は神が「人の子によって栄光をお受けになった」ことに見えますか。 ・神が人の子(イエス)に栄光を「すぐにお与えになる」とは何を意味するか33節を読んで考えてみましょう。 ・イエスが弟子たちに与えられる「新しい掟」とは何ですか。それは何のために与えられるのですか。
【36-38節】 ・ペトロは「主よ、どこへ行かれるのですか」と聞きました。どのようなつもりでそう聞いたのだと思いますか。その後の37節のペトロの答えから考えてみましょう。 ・イエスは「今ついて来ることはできない」と言われました。それはなぜだと思いますか。
黙 想 わたしたちが思う「栄光」とは何でしょうか。イエスが言われる「栄光」とは、何でしょうか。イエスの言われる「栄光」を神が受けるために、わたしはどのような生き方ができるでしょうか。黙想し、思い巡らしましょう。 祈 祷 イエスに従い、新しい掟を守り、神に栄光を帰する歩みをなし得るように祈りましょう。


執り成しの祈り別刷プリント(カード)参照〕 〔祈りの交わりの課題 (ブログ)〕 〔祈りの交わりの課題 10月7日~10月13日(PDF)

10月7日の祈祷会

祈りで集う祈祷会   2020年 10月 7日(水) 11:00/19:15印刷用PDF祈り会説教
祈り会の時間(11:00/19:15)に、祈りの内に共に集い、御言葉を聴きましょう。
沈 黙
祈 祷 憐れみ深い天の父、あなたの御名をほめたたえます。     主よ、わたしたちは今、共に、      それぞれの場にあって、あなたの御言葉に耳を傾けます。     主よ、どうぞお語りください。     主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン。
聖 書  ヨハネによる福音書 13:21-30                   1.聖書を読む。(可能ならば音読しましょう。) 2.御言葉を味わう。(沈黙のうちに御言葉を聴きましょう)。 3.御言葉の真理に耳を傾ける。   (以下の問いに導かれ、御言葉の真理へと向かいましょう。)
・イエスはユダを名指しせずに、「あなたがたのうち一人が」という言い方をしました。  それはなぜだと思いますか。イエスが弟子の足を洗う場面も思い起こして考えてみましょう。 ・このとき(22節)の弟子たちの反応について、どう思いますか。  なぜ弟子たちは「顔を見合わせた」のか、その思いについて考えてみましょう。 ・イエスの愛しておられた弟子は、イエスのどちら側にいたと考えられますか。  (※この時代には、左肘をついて寝そべって食事をする習慣がありました。) ・その弟子がイエスに尋ねると、イエスは何と答え、何を行いましたか。  そのとき、ユダには何が起こりましたか。 ・そしてイエスは、「しようとしていることを、今すぐ、しなさい」とユダに言われました。  他の弟子たちは、イエスがユダに言われたこの言葉をどのように受け取りましたか。  そこから何がわかりますか。 ・ユダが出て行ったとき、あえて「夜であった」と書かれています。  聖書は何を伝えようとしているのでしょうか。その意味についてみましょう。
黙 想 「あなたがのうち一人が」とイエスが言われるとき、わたしはどのような反応、また思いを抱きますか。日常生活、これまでの人生を振り返って考えてみましょう。 そのわたしに、イエスは何を望んでおられるのか、今日の場面をよく読み、思い巡らしてみましょう。 祈 祷 イエスの言葉をよく聴き、イエスの心を理解することを求め、誠実にイエスに従う者として光に向かって歩んでいけるよう祈りましょう。


執り成しの祈り別刷プリント(カ…

9月30日の祈祷会

祈りで集う祈祷会   2020年 9月30日(水) 11:00/19:15印刷用PDF祈り会説教
祈り会の時間(11:00/19:15)に、祈りの内に共に集い、御言葉を聴きましょう。
沈 黙
祈 祷 憐れみ深い天の父、あなたの御名をほめたたえます。     主よ、わたしたちは今、共に、      それぞれの場にあって、あなたの御言葉に耳を傾けます。     主よ、どうぞお語りください。     主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン。
聖 書  ヨハネによる福音書 13:12-20                   1.聖書を読む。(可能ならば音読しましょう。) 2.御言葉を味わう。(沈黙のうちに御言葉を聴きましょう)。 3.御言葉の真理に耳を傾ける。   (以下の問いに導かれ、御言葉の真理へと向かいましょう。)
【12-17節】 ・イエスがなさったことについて、以下の二つの視点から振り返ってみましょう。  ①ペトロの視点から ②ユダの視点から ・イエスはご自分が弟子たちの足を洗ったことについて、どのように説明されていますか。  ペトロはイエスの言葉をどのように聴いたと思いますか。   前回のイエスとペトロの対話を振り返り、考えてみましょう。 【18-20節】 ・イエスはユダがしようとしていることについて、聖書の言葉(詩編41:10)の実現として語られました。それは何を意味していると思いますか。 ・イエスが前もって弟子たちにこのことを語られたのは、なんのためだと語られていますか。 ・この一連のイエスの言葉をユダはどのように聴いていたと思いますか。  イエスはどのような思いでユダに語っておられたと思いますか。
黙 想 イエスは「わたしがあなたがたにしたとおりに、あなたがたもするようにと、模範を示したのである」と言われました。この言葉を今日わたしに告げるイエスは、わたしの具体的な生活において、何を見ていると思いますか。イエスの言葉を心を開いて聴き、思い巡らし、どのようにわたしが応えることをイエスは望まれているのか考えましょう。 祈 祷 イエスに足を洗っていただいた者として、イエスの模範に従うことができるよう祈りましょう。

執り成しの祈り別刷プリント(カード)参照〕 〔祈りの交わりの課題 (ブログ)〕 〔祈りの交わりの課題 9月23日~29日(PDF)

9月23日の祈祷会

祈りで集う祈祷会   2020年 9月23日(水) 11:00/19:15印刷用PDF祈り会説教
祈り会の時間(11:00/19:15)に、祈りの内に共に集い、御言葉を聴きましょう。
沈 黙
祈 祷 憐れみ深い天の父、あなたの御名をほめたたえます。     主よ、わたしたちは今、共に、      それぞれの場にあって、あなたの御言葉に耳を傾けます。     主よ、どうぞお語りください。     主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン。
聖 書  ヨハネによる福音書 13:1-10                   1.聖書を読む。(可能ならば音読しましょう。) 2.御言葉を味わう。(沈黙のうちに御言葉を聴きましょう)。 3.御言葉の真理に耳を傾ける。   (以下の問いに導かれ、御言葉の真理へと向かいましょう。)
・「御自分の時」とは、何を指していますか。   ここであえて、「世にいる弟子たちを愛して、この上なく愛し抜かれた」と書かれているのは、なぜだと思いますか。 ・「夕食のとき」に、ユダに何が起こりましたか。 ・イエスが悟ったことは何ですか。そして、イエスはどのような行動を起こされましたか。 ・この場面を熟読し、イエスの姿を思い描き、そのイエスが自分の前にいることを想像してみましょう。 ・シモン・ペトロは、イエスが自分のところに来るまで、何を考えていたと思いますか。そして、自分の前に来たとき何を感じたと思いますか。 ・ペトロとイエスの対話を一言一言よく聴き、その意味することを考えてみましょう。 ・ヨハネによる福音書には、他の3つの福音書に記されている聖餐の制定の言葉が記されていません。今日の箇所は、洗礼と聖餐を受けることについて、どのようなことを示していると考えられますか。
黙 想 今日イエスが自分の足を洗っているとしたら、わたしはイエスに何を思い、何を告げようとし、イエスにどのような目を向けるでしょうか。またそのわたしにイエスは、どのような眼差しを向け、何を告げてくださるでしょうか。 祈 祷 イエスを信じる者として、イエスが望まれるイエスとの関わりに生きられるように祈りましょう。

執り成しの祈り別刷プリント(カード)参照〕 〔祈りの交わりの課題 (ブログ)〕 〔祈りの交わりの課題 9月16日~22日(PDF)

9月16日の祈祷会

祈りで集う祈祷会   2020年 9月16日(水) 11:00/19:15印刷用PDF祈祷課題プリント祈り会説教
祈り会の時間(11:00/19:15)に、祈りの内に共に集い、御言葉を聴きましょう。
沈 黙
祈 祷 憐れみ深い天の父、あなたの御名をほめたたえます。     主よ、わたしたちは今、共に、      それぞれの場にあって、あなたの御言葉に耳を傾けます。     主よ、どうぞお語りください。     主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン。
聖 書  ヨハネによる福音書 12:36b-50                   1.聖書を読む。(可能ならば音読しましょう。) 2.御言葉を味わう。(沈黙のうちに御言葉を聴きましょう)。 3.御言葉の真理に耳を傾ける。   (以下の問いに導かれ、御言葉の真理へと向かいましょう。)
【36b-43節】  ・イエスが語っておられた「これらのこと」とは何でしょうか。(前回を振り返りましょう。)   ・結果的にイエスが多くのしるしを行われたにも関わらず、彼らはイエスを信じませんでした。   ①それは、なぜであったと聖書は説明していますか。(イザヤ53:1、6:9-10もあわせて読みましょう。)   ②この説明について、あなたはどう思いますか。  ・その一方で、イエスを信じた人たちもいました。それは、どのような人たちですか。   その人たちについて   ①聖書は何を語っていますか。②それについてあなたはどう思いますか。
【44-50節】  ・ここにはすでに語られてきたイエスのメッセージがまとめられています。   イエスを信じるとは、どのようなこととして語られていますか。   イエスを信じる者について、どのようなことが語られていますか。   イエスご自身について、どのようなことが語られていますか。   これまで読んできたことを思い起こしながら、今日のイエスの言葉に耳を傾けましょう。
黙 想 今日読んだ箇所でわたしの心にもっとも響いたイエスの言葉は何ですか。     その言葉について、なぜ響いたのか、わたしに何を示しているのか、思い巡らしましょう。 祈 祷 イエスを信じる者として、暗闇の中にとどまらず、光の中を歩み続けることができるよう祈りましょう。

執り成しの祈り 〔別刷プリント(カード)参照〕・〔祈りの交わりの課題〕                           …

9月9日の祈祷会

祈りで集う祈祷会   2020年 9月9日(水) 11:00/19:15印刷用PDF祈祷課題プリント祈り会説教
祈り会の時間(11:00/19:15)に、祈りの内に共に集い、御言葉を聴きましょう。
沈 黙
祈 祷 憐れみ深い天の父、あなたの御名をほめたたえます。     主よ、わたしたちは今、共に、      それぞれの場にあって、あなたの御言葉に耳を傾けます。     主よ、どうぞお語りください。     主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン。
聖 書  ヨハネによる福音書 12:27-36                   1.聖書を読む。(可能ならば音読しましょう。) 2.御言葉を味わう。(沈黙のうちに御言葉を聴きましょう)。 3.御言葉の真理に耳を傾ける。   (以下の問いに導かれ、御言葉の真理へと向かいましょう。)
 ・イエスが言われる「この時」とは、何を指していると思いますか。  ・『ゲッセマネの祈り』(マルコ14:36)と今日のイエスの言葉から、    イエスのどのような思いを読み取ることができますか。  ・このイエスの祈りに対して、    父なる神は「わたしは既に栄光を現した。再び栄光を現そう」と言われました。    それは、具体的にどのようなことを指していると思いますか。  ・イエスが言われる「地上から上げられるとき」とは、何を指していますか。    そのことを通して、イエスがなさろうとしていることは何ですか。  ・イエスがなさろうとしていることへの応答として人間のすべきことは何ですか。    35節以下のイエスの言葉を読み、考えましょう。    また、これまで語られてきたどのようなイエスの言葉を思い起こしますか。    特に、8章以降に語られていたイエスの言葉を振り返り、思い起こしてみましょう。 黙 想 「暗闇に追いつかれないように、光のあるうちに歩きなさい」     「光の子となるために、光のあるうちに、光を信じなさい」とは、     わたしたちにとって具体的にどのように生きることであるかを思い巡らしましょう。 祈 祷 遣わされている生活の場において、     イエスという光を信じ、イエスの光を輝かす光の子として歩めるように     祈りましょう。
執り成しの祈り 〔別刷プリント(カード)参照〕・〔祈りの交わりの課題〕                                    …